スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISION~公認大会を開催するまで~

今回はVISIONの公認大会を開催するまでの大まかな流れ
(お店の大会だと騒げないから公認開く人増えてくれないかなとか思ってるというわけではないでせう)

『いつか大会開いてみたいなー』って考えてる人の助けになればいいと思いましたまる

さて、それでは大会を開くまでの流れなのですが

◆1.日時決め
◆2.場所決め
◆3.参加登録のための連絡手段(メールでもよいが、なるべく状況が確認できる形式がよい。)
◆4.公式への大会申請(予定日より1ヶ月以上前に)
◆5.準備(デッキレコードシート、参加優勝PR、賞品、貸し出し用カード筆記用具etc)
◆6.当日(受付、先攻後攻時間切れの処理等の説明、オポネント計算)
◆7.報告

おおまかにわけてこのようになっております。
流れに身を任せた各々の説明はこの先で


では順を追って書いて行きます……が、経験則も含まれているため、あんまり役に立たない部分があったりなかったり

はい

◆1.日時
なるべく土日を選ぶ。地域によっては『毎月(隔月)第四日曜日に開催』みたいに大会を開いてくれている主催者さんがいることもあるので、なるべく他の主催者さんと話して、他の大会を考慮して決めるのがいいと思います。


◆2.場所(会場)
そもそも申請するには場所を記載しなければいけないんですねー。(場所によっては『駄目ですよ~』ってメールが飛んで来る)
こちらを先に押さえておかないと、『既に場所が埋まっていて使えない』ということにもなるので必死。
では会場の例、あくまで自分の経験に基づいてなので他にあるかもしれない。あんまり知らない
・①カードショップの時間貸し
・②市民文化センター等の公共施設(会議室やホール等)
・③民間の貸出施設
*Skypeで開催されている大会のような特殊な場合を除き、どんな広い場所であっても『家』『自宅』というのは出来ないので注意。(そもそもSkype大会はトラブルの対処が難しいetcあるため避けたほうがいい)

ではそれぞれを軽く説明。あくまで自分が知ってる場所の例なので違うこともあるかも
・①カードショップの時間貸し
店によるとしか (((
場所の一角(人数による)を時間で借りることが多い。開く大会のTCGを取り扱っている店舗ならば場所を開いてくれるが、取り扱っていない店舗なら断られることがあるので注意しよう。又、他のTCGの大会も開いている店舗の場合、時間が合わなかったりすることもある点も注意。
8000\前後で半日というところもあるし、お店の商品を賞品としてくれるなら場所代を無料にしてくれる(場所代=お店の商品代)とかあった。
まぁ大体1万前後で見積もるとよいかと

・②市民文化センター等の公共施設(会議室やホール等)
公共施設ということで、値段で言えば申し分無く、ほぼ全日(大体9:00~21:00くらい)で借りることができる。店では禁止の飲食OKという点も大きく、他にも様々な魅力がある。
問題といえば、安く押さえるためにはその地域の住民票を持っている事が前提となるのが問題だろうか。住民票が無ければ3割増しの料金を請求されてしまうため、中々の物である。ぼっt(ry
又、行楽シーズンはイベント利用が増えるため、場所をとる際は早めに予約しておかねばならない。6ヶ月前から予約を始めるところもあるので、サイトをきちんと確認しておくことをおすすめする。
8千円~1.5万でお見積もりをどうぞ

・③民間の貸出施設
環境設備、駅からの距離、飲食OK等々、場所を探せば探す程素晴らしい物件がございます。貴方のご希望に添う物件をどうぞ。
言わずもがな値段は張りますが。
財布と要相談

ちなみに参加費は300\が賞品含めた平均のお値段、400\ならちょっと賞品増やしてみよう、500\以上なら……わかるね?といった感じでしょうか。地域によっては集まる人数とかも考えなきゃいけませんので色々難しいですね
よって主催者達は参加者からの賞品の提供を大歓迎しております( ^ω^)


◆3.連絡手段
Googleやyahooメールでも構わないでしょうが、「日程、定員、会場までの地図」等を公開しておくとよいよいうことで、fc2等のブログ関係を開設するといいんじゃないかなーと思います。
・ブログに載っけておくとと良い事
会場、最寄りから会場までのアクセスルート、当日の日程、参加登録、先攻後攻の決め方、細かいルール、当日の禁則事項etc


◆4.申請 ~最低でも1ヶ月前に!~
大会申請ページで(日時、場所、ルール、予定人数、連絡手段。住所、mail、etc)等を書けばok
1ヶ月前を過ぎると参加優勝PRが届かなくいことがある、最低でも1ヶ月前に申請しましょう。
当日にPRが届かなかった大会があります故


◆5.準備
・デッキ&レコードシート
VISIONの公式ページの トップ>イベント・大会情報>「参加者の方へ」「主催者の方へ」からデータがダウンロード出来ますので、それを予定人数分印刷しましょう
*画像編集ソフトがあるならレコードシートの方は縦A4用紙に2枚並ぶように配置してから印刷するようにすると印刷用紙が2分の1で済むのでよいかと

・オポネント計算一式、参加登録管理、当日の予定、ルール確認、会場BGM、etc
忙しいですね、特にオポネント計算とか、ルール確認とか、後から公式に送る大会レポート(上位者のデッキレシピ打ち込み)とかが面倒。
ちなみに会場にノートPC持ち込んでオポネント計算をExcelマクロでやるとか、ルール確認をスマホでネット検索とか、デッキレシピはスキャナで読み込むとかする主催者さんもいますね。
文明の利器の勝利

・スケジュール表、タイムウォッチ
ちゃんと予定と時間がわかればいいです。会場に時計あるか下見の時に確認しておくといいですね。

・賞品
無いと殴られます(大嘘
場所の項でも書きましたが、これは参加費と相談するのが良。
次の大会も来てくれるように数をちょっと増やしてみるとか……まぁその辺は財布とか参加者数とか要相談。
上でも書いた通り、参加費が増えれば不満も増えます。
参加費で会場費の全てを賄おうとするのは正直よくないかなーと私見。まぁそもそも人来なくなるだけですけどね

・予備カード
交流大会で申請するならともかく、Visionの公認、公式大会はプロキシカードの使用を認められておりません。
よって『Visionを初めたばかりで~』『カード忘れたので貸してくれませんか?』ということが会場で起こりうる事があるため、出来るだけカードを持ち込むと良いでしょう。
大会後はそのカードでドラフト戦を開くという事をしてもいいんじゃないかなーと思います。
大会が多い地域だとみんなVisionに慣れすぎちゃって、逆に好き勝手やることが多いですけどね( ・3・)
まぁ、あったらいいな程度で……デッキ作って大会中の暇つぶしとか。


◆6.当日
部屋の鍵を受け取りに事務室へ行きましょう。場所によっては料金を払った日に『当日はそのまま入っていいよ』と言われる事もあります。
お店の場所を借りている場合は、店員さんに挨拶するぐらいはしましょう。マナーです(キリッ

参加者の中には予定時間より早く到着する方もいますので、予定時間の10分前には入室(入館?)しておくことをおすすめします。

後、会場での規則(飲食禁止とか)、大会のルール(3戦目はどちらが先攻だとか、時間切れの処理とか)等の説明をするとよい……というかしなければいけません。
(無いとは思うけど)会場の備品を勝手に動かして壊したとか、飲食禁止なのに食事をして会場を汚した等のことがあると、次回から場所を貸してくれなくなる恐れがありますので、その辺はしっかりしておきましょう。


◆7.その後
大会レポートを公式に報告、ブログに載せましょう。
公式からはPRが貰えたりするし、ブログは参加者へのメッセージ、参加者からのメッセージが届いたりします。

___

とまぁこんな感じで、ここまでが大会を開くにあたってなんですがー
自分で開く大会に必要なことがもう一つあります。
それが【仕込み】ですよ
その内容から

◆0.(宣伝)
・参加者がいるかどうかの確認
やっぱりある程度は人数がいた方が大会としては盛り上がる↑
参加者が少なければそれだけ場所や賞品の負担額が大きくなり、盛り上がりに欠ける↓
……ということになるのですが、それ以上に『参加者がいない』ということも無いとは言い切れません。その地域で初めての大会ということならなおさらです。
よって、事前に参加者の有無の確認、大会を開いて何人来るのか?というある程度の予測を持った上で開く事が望ましいと思われます。(だからこそ黎明期に主催を努められた方はすごいんですけどね)
そういった点からも、ある程度地域のコミュニティに接した上で大会を開催することをおすすめします。

今だとtwitterとかで呼びかけるとか、その地域の主催の大会に何度か出てみてコミュニティを持つ、ということを、段階を踏んでからの方がいいかと思います。
まぁ昔だったら初心者交流会もやってます~って書いたりしてたみたいですけどねー
大会初心者はやはり出場するためのきっかけが欲しいものです。

だからこそ ◆1.日時 で大会を開いている主催の人と話すというのをおすすめしているんですねー。
まぁ後から考えたんですけどね。
他の大会出て「宣伝してもいいですか?」という営業するのも効果的
 

◆その話からも繋がるスタッフの話 
ある程度参加者がいると、裁定の確認、大会進行、オポネント計算等、一人ではどうしても人手が足りなくなることがあります。そういった時、主催とヘッドジャッジの2人体制、お手伝いさん含めた複数人体制で望んでいることが望ましい、というか楽です。
というわけで経験者の方にスタッフお願いしておくといいですねー(が、大抵プレイヤーとして参加したいと断られます)


___

さて、最後に自分の経験から、大会を開くまでの行程をば


◆3ヶ月前
・日時場所決め
ネットである程度の情報は確認していたので、電話して予定日の部屋はどうなっているか、備品の貸し出し、禁止事項はどうなっているのか等の説明。
大体決まったらお伺いする時間を伝えてから窓口に行き、先払いでの現金決済。
なんか明細表とか書いた記憶がある。住所、連絡先、簡易な使途理由とか、借用させて頂く備品とか。明細表というか領収書ですね。
・大会の報告
既にあったブログで報告。なんのブログかって?そう!関西爆散勢のブログhttp://bakusanzei.blog135.fc2.com/ さ!
(一回目は他の主催の方のブログ借りてたのはry)
・大会申請
場所が決まったのでそのまま大会申請。
この時にブログの場所書かなきゃいけなかったのでブログ更新とほぼ同時進行
申請ページ行って一回見とくのもいいかと思いますね。


◆2ヶ月前 
・宣伝
他の大会に出る度に宣伝して回る。
そしたらヘッドジャッジ引き受けてくれる人が現れたよ!やったね(ry
他の大会のヘッドジャッジをかなりこなしている方なので安心~~
少なくとも公式裁定を自分で思い出すよりは信頼でk(ry


◆1ヶ月前
・公式ページの更新
たまーに大会情報に載って無いとき、間違っているときがありますので確認しましょう。
・参加登録開始
公式ページが更新されたのでこちらでも登録を開始。
場所とってすぐだったかもしれない( ・3・)
・用意
PRも届いた事だしデッキシートとか用意しましょ。印刷面倒です。


◆前日
賞品とか忘れないようにチェックだ! > PR入れ忘れてる!
・参加登録の〆切
まぁ大体枠余ってるので当日枠も一応用意しましょう

◆当日
参加者確認、パシリ、説明その他
オポネント計算で失敗して他の主催の方に助けてもらいましたとさ(ゝω・)vテヘペロッ


◆後日
大会レポートの作成(公式用とブログ用)
『終わんないよー 』

こんな感じで終わる

_______

さて、これでこの記事のようなものは終わりです。
これが実際に役に立つかどうかわからないですが、これを読んで『大会を開いてみよう!』と思ってくれる人が1人でもいてくれれば、幸いです


まぁ他の人と高まれる環境があるのは素晴らしいということでね
おわりおわり

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関西爆散勢

Author:関西爆散勢
爆散勢という名前に特に意味はない
ガチ勢からネタ勢までよりどりみどり!

爆散勢のtwitterはこちや
何かあればこちらにメールをkansai.bakusanzei@gmail.com


メンバー名簿(50音順、敬称略)
あぜる
いわおけっ!
音信
カカオ
saka
シャナ
世界
08
てん
直矢
Na-bus
ハワイ
フユ
ブレジョ
ヘイゼル
まゆみ

ヤス
Ryo/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
VISION新弾発売まで……
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。